ショップリード文

リビアングラス ペンダント18 クリストバライト

17,000円(税込18,360円)

購入数
 

微細な丸い粒状のクリストバライトが内包されています。

産地 Gilf Kebir(ギリフ・ケビル)エジプト、リビアの国境、スーダンより北へ約300kmの地点 リビア砂漠 金具含むサイズ約76,4mm×46,8mm×16,5mm 25g  税抜き1万円以上送料・代引き手数料無料

約2900万年前の隕石の衝突により形成された天然シリカガラス(石英純度が高いガラス)
巨大な隕石の衝突による膨大なエネルギーで、地表の岩石が溶かされ空中に巻き上げられた珪酸成分が急速に冷えて固まり形成されたものです。
チェコのモルダバイトなどと同じテクタイトの一種です。
2006年3月にボストン大学の研究チームが衛星画像を解析して、この地域に直径31kmの巨大なクレーターの痕跡を発見し、Kebiraクレーターと名づけられました。
リビアングラスはこのクレーター付近で採取されています。

リビアングラスは古来より宝石として扱われ、ツタンカーメン王の胸飾り(翼を持ったスカラベの部分)や、黄金の棺の目の部分に使用されています。


本品の説明
本品は淡い金緑色から黄色で透明感のある、非常に高品質のリビアングラスです。
微細な粒状のクリストバライトが内包されています。
金色のワイヤーは銅製です。 

クリストバライト
クリストバライトとは水晶や石英と同質異像(化学組成が同じだが結晶の形が違うという意味)の二酸化珪素を成分とする鉱物で、水晶や石英よりもずっと高温の状況下で形成されます。
一瞬の高熱にさらされた雷水晶や隕石の衝突により生まれたリビアングラス等に白濁や白い粒となって見られることがあります。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品