ショップリード文

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター 雷水晶、ライトニングクォーツ、レインボー、セルフヒールド、逆三角形の窪み▼

45,000円(税込48,600円)

在庫状況 売切れ



カテドラルクォーツの大きい結晶に雷の痕跡が見られる


柱面エッジ沿いに溶かされた雷の伝道跡
一瞬の高熱により白濁したクリストバライト現象


雷の伝道跡付近に鮮やかで美しいレインボーが見られる。


写真の錐面部分は雷の高熱と衝撃により溶かされ表面の結晶の一部が薄く剥離しており、ファントムと言うわけではではないが、内部の結晶錐面エッジ部分が顔を出しているのが分かる。


隣の錐面左上のエッジ部分にも雷の痕跡が見られる。


レコード風の丸味を帯びた三角形の成長丘が見られる
レコードなどの成長丘は透明なので、錐面を光に反射させて見ると分かりやすい。


ネパール、ガネーシュ・ヒマール産 サイズ約128mm×93mm×82mm 重さ790g (商品税抜1万円以上送料・代引き手数料無料) 

ガネーシュヒマール
神々の山と言われ、地球上で最も強いエネルギーを持つと言われる、聖地ヒマラヤ山脈の中央に位置し、標高7000メートルを越える山々が連なるガネーシュヒマール連峰の水晶です。 数日掛かりで一つ、一つ手掘りで採取され、人が担いで降りてきます。
ガネーシュヒマールの名前はこの地で信仰を集めているガネーシャに由来します。
ヒマールとは高い山を意味します。

ガネーシャはヒンドゥー教の神々の一柱で、破壊と創造の神シヴァ神とその妻パールバティの間の子供とされています。
その名前はサンスクリット語で「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味し、太鼓腹の人間の体に象の頭という姿をした神で、全ての障害を取り去り、富と繁栄をもたらす、除災厄と財運の神として、また、智慧を象徴する学問の神として、ヒンドゥー教のみならず、仏教圏地域の一部でも信仰を集めています。

本品の説明
本品はガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶に雷により溶かされた痕跡が見られる、非常に珍しいヒマラヤ・ライトニングクォーツクリスタルです。
雷水晶の産地としては、ブラジルのディアマンティーナ産が有名ですが、ヒマラヤ水晶で雷の痕跡が見られる結晶はきわめて稀な存在となります。
大きい結晶のトップから柱面エッジ沿いに溶かされた雷の痕跡が見られます。
一瞬の高熱により、白濁したクリストバライト現象が認められます。
この雷の痕跡付近に鮮やかで美しいレインボーが浮かび上がります。
2番目に大きい結晶錐面下とそれに隣接する結晶エッジ沿いにも溶かされた痕跡が見受けられます。

カテドラルクォーツの特徴が出ているクラスターです。
大きい結晶を始め、縦方向に結晶の接合線が美しいカテドラルクォーツの結晶面がご覧いただけます。
雷の痕跡付近他数カ所に美しいレインボーが見られます。
2番目に大きい結晶の錐面の一つにちいさい逆三角形の窪み▼が出ています。
また、底面及び外縁部の一部がセルフヒールドになっています。
底面のセルフヒールド錐面部分にも逆三角形の窪み▼が見受けられます。
未研磨のクラスターの為、多少ダメージがある部分があります。

語句の説明
ライトニングクォーツ(雷水晶)
ライトニングクォーツは、珪砂を多量に含んだ特殊な地層が水分を十分に含んだ状態で、なおかつ、水晶が地表からおよそ5m程度の地中で、地上に落ちた雷の伝導をうけた時に形成される稀有な水晶です。
水晶の表面には雷水晶特有のギザギザの伝導跡や、一瞬の高温による白濁、周辺の泥土を伴い溶かされた跡、すさまじい衝撃によるクラックや剥離跡などが見られます。

クリストバライト
クリストバライトとは水晶や石英と同質異像(化学組成が同じだが結晶の形が違うという意味)の二酸化珪素を成分とする鉱物で、水晶や石英よりもずっと高温の状況下で形成されます。
一瞬の高熱にさらされた雷水晶や隕石の衝突により生まれたリビアングラス等に白濁や白い粒となって見られることがあります。

錐面の逆三角形の▼窪み
錐面にエッジがきいてくっきりとした逆三角形の深い▼窪みが見られることがあります。 
これはアイスクリスタルなどの蝕像水晶に見られる溶かされたトライゴーニックでは無く、カテドラルクォーツに稀に見られる特徴の一つで、水晶の成長過程で小さい三角形の錐面が多数並んで結晶した時に錐面と錐面の間に隙間が生じたものです。
その後大きな錐面として一体化しますが、この場合は▼隙間を残したまま成長したものです。
これは溶かされたトライゴーニックとは違った原因により生じた逆三角形の凹みです。

逆三角形▼の窪みはその生じた原因によらず、全てトライゴーニックであるとする説もあります。
トライゴーニックの提唱者のジェーン・アン・ダウ女史はその生じた原因については言及しておらず、現象としての逆三角形▼の窪みについてのみ語ってあります。
また、ダウ女史の著書にはトライゴーニックの説明で、「エッジが効いた逆三角形の窪み」という表現があるというのがその理由です。

セルフヒールド
地殻変動など何らかの原因で一度壊れた部分が、後から新しい結晶が形成されることによって自己修復されたものです。多数の小さめの錐面やピークが見られます。
ヒーリングやパワーストーンの世界では、癒しと再生のクリスタルとして人気があります。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品