ショップリード文

アフガニスタン産成長干渉水晶クラスター アクチノライト、トレモライト

20,000円(税込21,600円)

購入数


銀緑色のアクチノライト、銀白色のトレモライト針状結晶が美しく輝く異形のクラスター


三つ又の鉾のようなトップ
他の鉱物が水晶の成長に干渉してできた成長干渉水晶(グロースインターフェレンス)


裏側には小さい錐面が確認できる


錐面は光に反射させて見ると分かりやすいです。


アフガニスタン、ヒンドゥークシュ山脈産 サイズ 約150mm×76mm×75mm 重量569g プラスチックスタンド付き (税抜き1万円以上送料・代引き手数料無料)  

ヒンドゥークシュ山脈産水晶
ヒンドゥークシュ山脈はパキスタン北西部から主にアフガニスタン国内を1200kmにわたって延びる山脈です。
最高峰はパキスタン側のティリチミール(7,708m)で、アフガニスタン側の最高峰はノシャック(7,492m)です。
広義のヒマラヤとして、パキスタン及びアフガニスタン北東部のヒンドゥークシュ山脈を含むことがあります。


本品の説明
本品は銀緑色に輝くアクチノライト、銀白色のトレモライト針状結晶が豊富に見られる、一風変わった水晶です。
トップ部分は他の鉱物の干渉により、三つ又の鉾のような形をしています。
水晶の成長に他の鉱物が縦方向に干渉したのち、鉱物が風化又は溶解したため、現在のような三つ又の鉾のような形になったと思われます。
アクチノライト、トレモライトと融合した異形の美しさをご堪能下さい。
三つ又の鉾のようなトップの裏面には小さい錐面が確認できます。光に反射させて見ると分かりやすいです。
未研磨のクラスターの為、ダメージがあります。また、アクチノライト、トレモライト針状結晶は繊細で、強く握ると壊れやすいのでご注意下さい。

成長干渉水晶
成長干渉水晶とは、グロース・インターフェレンス・クォーツとも呼ばれ、水晶の結晶が成長の過程でカルサイト、アデュラリア、ヘマタイトなどの他の鉱物により干渉を受け成長が妨げられ、錐面の一部が平らになったり、その鉱物の溶解跡の空洞が表面に残ったりしている一風変わった形の水晶です。

アクチノライト緑色針状結晶
緑針はアクチノライトの針状結晶で、名前の由来は、この鉱物の形状が針状、繊維状、放射状の集合体で見られることから、ギリシャ語で光線の意味の akutisが語源となっています。
パワーストーンの世界では、優柔不断さを解消し粘り強い精神を養い、直観的な知恵を授ける力があると言われています。
また、古くから様々な国で邪悪なものや災難から身を守る力があると言われ、儀式に使用されたパワーストーンでもあります。

トレモライト
トレモライト(透閃石)はアクチノライト(緑閃石、緑針)などと同じアンフィボール(角閃石)鉱物のグループに属し、透明ないし透明感のある銀白色、緑色などがあり、ガラス光沢ないし絹糸のような光沢があり、針状、繊維状になります。
なお、鉄分を含むと緑色を帯び、さらにその割合が高くなると緑閃石へ変化することがあります。
名前の由来は産地のスイス・アルプスのトレモラ渓谷にちなんでいます。
パワーストーンとしてのトレモライトは、文献によると、この鉱物を産出する土地は磁場が強く、その豊かなエネルギーは霊性を高め、あらゆるものを浄化し、神々とのコンタクトを可能とする鉱物とまで言われています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品