ショップリード文

ガネーシュヒマール産 ヒマラヤ水晶丸玉 クローライト、小さいレインボー

4,000円(税込4,320円)

在庫状況 売切れ

ネパール、ガネーシュ・ヒマール産 直径約27,2mm 重さ約29g アクリル台座付き

ガネーシュヒマール
神々の山と言われ、地球上で最も強いエネルギーを持つと言われる、聖地ヒマラヤ山脈の中央に位置し、標高7000メートルを越える山々が連なるガネーシュヒマール連峰の水晶です。 数日掛かりで一つ、一つ手掘りで採取され、人が担いで降りてきます。
ガネーシュヒマールの名前はこの地で信仰を集めているガネーシャに由来します。
ヒマールとは高い山を意味します。

ガネーシャはヒンドゥー教の神々の一柱で、破壊と創造の神シヴァ神とその妻パールバティの間の子供とされています。
その名前はサンスクリット語で「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味し、太鼓腹の人間の体に象の頭という姿をした神で、全ての障害を取り去り、富と繁栄をもたらす、除災厄と財運の神として、また、智慧を象徴する学問の神として、ヒンドゥー教のみならず、仏教圏地域の一部でも信仰を集めています。


本品の説明
本品は緑色のクローライトを含んだガネーシュヒマール産の丸玉です。
角度によりレインボーが見受けられます。
ブラジル産丸玉に比べると研磨が少しあまく、表面に微妙に凸凹や磨きムラがあることがります。


天然石の為、内部のクラック、インクルージョン(内包物)及び表面の研磨しきれない細かいキズ等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品