ショップリード文

パキスタン スカルドゥ産ヒマラヤ水晶 カテドラル、オーラフレイム

11,000円(税込12,100円)

購入数


パキスタン、ギルギット・バルティスタン州、スカルドゥ産 サイズ 約63mm×45mm×60mm 重さ129g (税抜1万円以上送料・代引き手数料無料) 

スカルドゥ産ヒマラヤ水晶
スカルドゥは神々の山と言われ、強いエネルギーを持つと言われる、聖地ヒマラヤ山脈の西端に位置する標高2400m程の町です。
北方にはカラコルム山脈を臨み、世界第2位の標高8611メートルを誇る高峰、K2登山の拠点となる町でもあります。
周辺からは、スモーキークォーツや輝きの強い透明水晶、カテドラルクォーツ、ルチル入り水晶、クローライト入り水晶、トルマリン入り水晶など多種多様で個性的な水晶が数日掛かりで一つ一つ手掘りで産出され、スカルドゥに集められます。


本品の説明
本品はスカルドゥ産のごく薄いスモーキーカテドラルクォーツです。
ヒマラヤの峻険な岩山を思わせる美しいカテドラル結晶です。
縦方向の結晶と結晶の接合線が幾重にも重なり、横方向の条線と相まって、大変見事で荘厳な雰囲気を醸し出しています。
大きい錐面に金色の斑点状のオーラフレイムが見られます。光に反射させて見るとわかりやすいです。
未研磨の自然鉱物の為、柱面下部に剥離痕などのダメージがあります。

語句の説明
カテドラルクォーツ
カテドラル水晶(カテドラルクォーツ)とは複数の水晶が縦方向に折り重なるように結晶を繰り返し(平行連晶)、一体化して成長したものです。 その独特の外観がまるでヨーロッパの大聖堂のように見えることに由来しています。
大小、複数のピークや多数の錐面が見られたり、結晶の柱面に、縦方向に結晶が折り重なって一体化した接合線が見られるなど、複雑な凸凹状のカテドラル水晶特有の形状になります。
パワーストーンとしてのカテドラルクォーツの意味は、複数の結晶が一体化してできた美しい集合体である為、浄化力が非常に強く、多くの人々が集まって何かを達成する時やチームワークが必要な時などに力を発揮するとされています。
また、カテドラルライブラリーと呼ばれることもあり、これは、地球上で起こったすべての情報が記録されている保管庫のようなもので、過去の叡智や、人類が個人個人としてではなく、集合体として共有している知識にアクセスし、必要な情報を提供してくれるという説があります。

スモーキークォーツ
別名「煙水晶」とも言われており、この茶色の発色の原因は極微量に含まれるアルミニウム・イオンと天然の放射線の影響を受けた為です。
古くから、邪悪なものを寄せ付けない魔よけの石とされ、また、不安や恐れを取り除きリラックスさせる癒しの石と云われています。

オーラフレイム
オーラフレイムとはオーラの炎という意味で、水晶の表面が鉄分やチタン、マグネシウムなどにより天然のコーティングをされた状態で、まるで油膜のようなしぶい虹色が見られるものです。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品