ショップリード文

ザギマウンテンクォーツ★ 大型結晶 ルチル、レコードキーパー、ネガティブ、キークリスタル、逆三角形の▼窪み

37,000円(税込40,700円)

在庫状況 売切れ



トップ錐面に金色のルチル針状結晶が見られる希少なザギマウンテンクォーツ
写真には写っていませんが、すぐ右側にも先端が緩やかにカーブしたルチル針状結晶があります。
上には小さい逆三角形の窪み▼が見られます。


ルチル結晶のすぐ下にも小さい逆三角形の窪み▼と三角形の成長丘が見受けられます。


何層か重なったグランドレコード風の大きいレコードが見られるレコードキーパー
レコードの左寄りには逆三角形の窪み▼が見受けられます。


エレスチャル風に横方向に連続した結晶
メイン写真と上下を逆にして撮影


側面のユニークな結晶面


トップにネガティブ(結晶の形をした空洞)が見られる
青色矢印部分にアストロフィライトの密集が見られる


ネガティブ拡大写真 結晶の形をしているのが確認できる
ネガティブ後方の茶色部分と青色矢印はアストロフィライトが密集した部分
緑色矢印は貫入水晶


キーホール
前面と側面の境部分と裏面に洞窟のように見えるキーホールが見られるキークリスタル
両方向からトンネルを掘り進めたように向き合っているが、空洞部分はつながっていないようです。
この付近の金茶色の繊維状やもやがかかったような部分はアストロフィライト
露出したネガティブの空洞の可能性もありますが、他に貫入水晶が見られることと、穴の周りが結晶面なので、キーホールとしています。


パキスタン北西部、トライバルエリア(連邦直轄部族地域)、ザギマウンテン産 サイズ 約150mm×57mm×65mm 重さ576g (税抜1万円以上送料・代引き手数料無料) 

ザギマウンテンクォーツ
ザギマウンテンクォーツとは、パキスタン北西部のアフガニスタンとの国境地帯にあるザギマウンテンから産出される、エジリン、アストロフィライト、リーベカイトなどの他ではあまり例を見ないレアな内包物が多く含まれている特殊な水晶です。
内包鉱物の違いにより、個々に色の違いがあり、形は塊状のものやエレスチャル風結晶面の一部のみ見られるものが多いようです。
ザギマウンテンは、パキスタンのどの州にも属さないトライバルエリア(連邦直轄部族地域)と呼ばれる、パキスタン中央政府の支配の及ばない、いわば辺境の地にあり、非常に入手の難しい水晶です。

パワーストーンとしてのザギマウンテンクォーツ
ザギマウンテンクォーツは、ネガティブなエネルギーを取り除き、回復させる強力なヒーリングエネルギーをを有するスピリチュアルな石で、持つ人の勇気と活力を湧き立たせ、未知なる世界への挑戦を促す石として知られています。


本品の説明
本品はザギマウンテンクォーツでは非常に珍しい、トップ錐面に金色のルチル針状結晶が見られる希少なザギマウンテンクォーツです。(金属光沢があり、ルチルと思われますが金色のアンフィボール針状結晶の可能性もあります。)
エレスチャル風に多数の錐面が横方向に一体化した大型結晶です。
結晶各所に微細〜小さい繊維状アストロフィライトを、一部に黒いエジリンを伴っています。
美しさと強い存在感をイメージさせるスモーキーザギマウンテンクォーツです。
錐面に何層か重なったグランドレコード風の大きいレコードが見られるレコードキーパーです。
トップ錐面、中央部錐面他、3カ所に小さい逆三角形の窪み▼が見受けられます。
結晶内部に数個のネガティブが認められます。
両方向からトンネルを掘っているように見える、2つのキーホールが見られるキークリスタルです。
この付近にアストロフィライトの密集が見受けられます。


語句の説明
レコードキーパー
レコードキーパーは結晶面に少し盛り上がった、上向きの三角形の文様(レコード、成長丘)のある石です。
水晶は二酸化ケイ素で構成されており、これが分子レベルで繋がり結晶して、やがて成長丘と呼ばれる三角形△の形で成長し、この成長丘が沢山連なり、やがて大きな錐面が構成されます。
パワーストーンの世界では、レコードキーパーは古代の記憶が刻まれている潜在意識の叡智を象徴しており、△はその入り口とされ、精神、肉体、霊性の調和をもたらし、そこから自分に必要な高度なメッセージを受け取り、より高い次元へ進む為の瞑想に使用されています。

錐面の逆三角形の▼窪み
錐面にエッジがきいてくっきりとした逆三角形の深い▼窪みが見られることがあります。 
これはアイスクリスタルなどの蝕像水晶に見られる溶かされたトライゴーニックでは無く、カテドラルクォーツに稀に見られる特徴の一つで、水晶の成長過程で小さい三角形の錐面が多数並んで結晶した時に錐面と錐面の間に隙間が生じたものです。
その後大きな錐面として一体化しますが、この場合は▼隙間を残したまま成長したものです。
これは溶かされたトライゴーニックとは違った原因により生じた逆三角形の凹みです。

逆三角形▼の窪みはその生じた原因によらず、全てトライゴーニックであるとする説もあります。
トライゴーニックの提唱者のジェーン・アン・ダウ女史はその生じた原因については言及しておらず、現象としての逆三角形▼の窪みについてのみ語ってあります。
また、ダウ女史の著書にはトライゴーニックの説明で、「エッジが効いた逆三角形の窪み」という表現があるというのがその理由です。

ネガティブ(負晶)
ネガティブとは主に両剣の結晶の形をした空洞が、結晶の内部に見られるものです。
一見すると、結晶の内部にさらに小さい結晶が見られるマニフェステーションとそっくりですが、内部に水が溜まっていたり、レインボーの有無や、表面に穴があいていて内部の空洞が確認できたりすることで、両者の違いが確認できたりします。
この場合、ネガティブとは否定的という意味では無く、写真のポジフィルムとネガフィルムとの関係のように、真逆に反転したという意味で使われます。

キークリスタル
キーとは、結晶の形をした穴(キーホール)で、六角形の窪みになっているものです。これは他の結晶や貫入水晶の結晶先端が外れた跡などに見られます。
すり鉢状になっているものほど良いと言われています。
キークリスタルはゲートウェイとも呼ばれ、パワーストーンの世界では、このキーは、潜在意識により普段は隠されている自分自身の未知の部分へアクセスし、その存在を明らかにするための入り口と言われています。

貫入水晶
貫入水晶とは、水晶の結晶の中に別の水晶が入っているものです。  大きな結晶に小さな結晶が突き刺さっているように見えますが、実際は、先にあった小さな水晶を、後から別の水晶が成長する過程で取り込んだ(一部内包した)ものです。
パワーストーンの世界では、貫入水晶は創造性や独創性を刺激して、そのヴィジョン化の手助けをする石と言われています。


自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品