ショップリード文

カンチェンジュンガ産 ヒマラヤ水晶クラスター 透明度と照り、3本の貫入水晶ブリッジ、バーナクル、レインボー、自立

15,000円(税込16,500円)

在庫状況 売切れ



ネパール、タプレジュン、カンチェンジュンガ産 サイズ約116mm×45mm×42mm 194g(税抜き1万円以上送料・代引き手数料無料) 

カンチェンジュンガ
カンチェンジュンガ(8586m)はエベレスト、K2に次いで世界第3位の標高を誇る山です。
ヒマラヤ山脈の中央部からやや東寄り、ネパール・ヒマラヤ東部(タプレジュン)とシッキム・ヒマラヤ(インド、シッキム州、旧シッキム王国)にまたがり、8500m〜8000m級の西峰、中央峰、南峰などの山々が連なる山群の主峰で、昔からヨガの行者が修行をする山としても有名です。

カンチェンジュンガ産水晶は、ミルキーな色合いの強いものや、根元がふんわりと白濁して先端にやや透明感があり、結晶の形は上から下まで同じような太さで、シンプルな形が代表的です。
パワーストーンとしては、霊的な力が高く、悪いものを寄せ付けず、非常に浄化力が強い水晶としてクリスタルヒーラーの間で知られている水晶です。

この水晶はカンチェンジュンガ山群で採取された水晶です。数日掛かりで一つ、一つ手掘りで採取され、村人が担いで降りてきます。
我々日本人は「カンチェンジュンガ」と発音しますが、取引先のネパールの方々は皆さん「カンチャンジュンガ」と発音されています。「カンチャンジュンガ」と言うのが現地での正しい呼び方のようです。


本品の説明
本品はカンチェンジュンガ産のツイン風の形をした透明度が高く照りの強いクラスターです。
下記のような特徴が見られます。

2本の結晶の間を貫入水晶が橋渡して繋がったブリッジが3本あります。
大きい結晶に多数の小さい結晶が付着したバーナクルです。付着している結晶はほとんど全てが両剣水晶です。
光を当てると角度によりレインボーが見られます。
下部にわずかに緑色のクローライトが見受けられます。カンチェンジュンガ産水晶でクローライトを伴うものは非常に稀です。
本品は自立します。
未研磨のクラスターの為、ダメージがある部分があります。

貫入水晶
貫入水晶とは、水晶の結晶の中に別の水晶が入っているものです。  大きな結晶に小さな結晶が突き刺さっているように見えますが、実際は、先にあった小さな水晶を、後から別の水晶が成長する過程で取り込んだ(一部内包した)ものです。
パワーストーンの世界では、貫入水晶は創造性や独創性を刺激して、そのヴィジョン化の手助けをする石と言われています。

ブリッジ
ブリッジは貫入水晶などの他の小さい結晶が結晶と結晶の間を橋渡しで繋いでいる状態です。

バーナクル
バーナクルクリスタルとは大きな水晶の表面に多数の小さな水晶が付着しているものです。
パワーストーンの世界では、土台となる大きい方のクリスタルは、オールドソウルと呼ばれ、経験により培われてきた知恵や魂を表し、それが小さなクリスタルを引きつけるとされています。
コミュニケーションを円滑にし、共通の目的意識を高め、集団のエネルギーを高めるといわれています。 家族やグループなど、共同体に関する問題の解決に役立つクリスタルとされ、また、大切な人を失った心の悲しみを和らげる癒しの石といわれています。

クローライト
緑色や暗緑色の鉱物で半透明光沢を持ち、水晶などにインクルージョンとして内包されることがあります。
クローライトの名前の由来はギリシャ語で緑色のchloroに由来します。
パワーストーンの世界では、その緑色は生命力を象徴しており、体を再生し生命力を回復させ、若々しさを引き出し、精神的な悩みを解消し粘り強い精神を養い、何事にも挑戦する意欲を高め、その結果、名誉や財産などの成功をもたらす石として有名です。
古くは「痛みを和らげる魔法の石」として崇められた鉱物で、怒りや憎悪などの感情を鎮める働きがあり、精神と肉体を各々に浄化する力があるとされています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品