ショップリード文

カンチェンジュンガ産ヒマラヤ水晶ペンダント ファーデン水晶2 イシス、透明度、セルフヒールド

3,600円(税込3,960円)

在庫状況 売切れ



ネパール、カンチェンジュンガ産ファーデン水晶 金具含むサイズ 約56,6mm×18,5mm×8,2mm 約6g

カンチェンジュンガ産水晶
カンチェンジュンガ(8586m)はエベレスト、K2に次いで世界第3位の標高を誇る山で、ヒマラヤ山脈の中央部からやや東寄り、ネパール・ヒマラヤ東部(タプレジュン)とシッキム・ヒマラヤ(インド、シッキム州、旧シッキム王国)にまたがり、8500m〜8000m級の西峰、中央峰、南峰などの山々が連なる山群の主峰です。
この水晶はカンチェンジュンガ山群で採取された水晶です。数日掛かりで一つ、一つ手掘りで採取され、人が担いで降りてきます。
我々日本人は「カンチェンジュンガ」と発音しますが、取引先のネパールの方々は皆さん「カンチャンジュンガ」と発音されています。「カンチャンジュンガ」と言うのが現地での正しい呼び方のようです。


本品の説明
本品は大変珍しいカンチェンジュンガ産のファーデン水晶を現地ネパールでペンダントトップにしたものです。
透明度が非常に高く照りのある結晶に白いファーデンラインが内包されています。
金具側の錐面はマイナスドライバー型のタビュラー風錐面が再結晶したセルフヒールドになっています。
柱面に多数の両剣水晶が一体化した、小さい両剣カテドラルクォーツ結晶が直角にくっついています。
ファーデン水晶は通常、ファーデンラインから両側に結晶錐面が成長する事が多いですが、これは結晶の上下の成長方向(C軸)に沿ってファーデンラインが入っている、珍しいタイプの結晶です。
未研磨結晶のため、多少ダメージがある部分があります。

ファーデンクォーツ
ファーデンとはドイツ語で「糸」という意味で、ファーデン水晶は平板状の水晶の中心に白い筋状のものが入っている結晶のことです。この白い筋状のファーデンラインを中心として両側に複数の平板状の両錐水晶(ダブルターミネーター)が連なった平行連晶を形成することが多いようです。
また、白い筋状のファーデンライン部分には微細な水や気体が含まれています。
パワストーンとしてのファーデン水晶は、結晶の中に見える白い筋(ファーデンライン)が水晶同士をつなぎ合わせた糸のように見えることから、人と人との結びつきや絆を象徴し、家族や友人、恋人など重要な人間関係において絆を深めてくれます。また、自己実現のため、自身が理想とする対象や夢を引き寄せる効果があると言われています。

イシス(女神のクリスタル)
イシスとは古代エジプトの豊穣の女神で、古代ローマでも崇拝されていました。
イシス面とは底辺から伸びる2辺が短く、その先から伸びる長い2辺で頂点をなす五角形の錐面のことです。イシスが夜空に輝く星、シリウスを象徴する女神であることから、この形はその星型を表す五角形に由来します。
パワーストーンやヒーリングの世界では、優しさに満ちあふれたエネルギーを持ち、傷ついた心を癒してくれるとされ、また、自分にとって本当の豊かさを、自身の過去の経験の中から気づかせると言われ、大変人気があります。

セルフヒールド
地殻変動など何らかの原因で一度壊れた部分が、後から新しい結晶が形成されることによって自己修復されたものです。多数の小さめの錐面やピークが見られます。
ヒーリングやパワーストーンの世界では、癒しと再生のクリスタルとして人気があります。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。


おすすめ商品