ショップリード文

シガール産 ヒマラヤ水晶 独特の蝕像錐面、トライゴーニック

30,000円(税込33,000円)

購入数


パキスタン、ギルギット・バルティスタン州、スカルドゥ、シガール産 サイズ約105,3mm×40,4mm×35,4mm 217g(税抜商品1万円以上送料代引き手数料無料)


神々の山と言われ、地球上で最も強いエネルギーを持つと言われる、聖地ヒマラヤ山脈の西端北側に位置し、北東には世界第2位の標高8611メートルを誇るカラコルム山脈の高峰、K2がそびえるパキスタン北部、ギルギット・バルティスタン州、スカルドゥ地方、シガール渓谷産の水晶です。 
スモーキークォーツや輝きの強い透明水晶、カテドラルクォーツ、ルチル入り水晶、クローライト入り水晶など個性的な水晶が数日掛かりで一つ、一つ手掘りで産出されます。


本品の説明
本品は、透明感と強い輝きがあり、メインフェイスに特殊な蝕像錐面を持つ一風変わった水晶です。
本品は写真よりも現物の方が透明感と輝きがあります。
下記の特徴が見られます。

・独特の蝕像錐面
錐面が軽く溶かされたエッチドクォーツ・蝕像水晶です。
メインフェイス錐面が左半分と右半分で溶け方に大きな違いがあり、左右で全く異なる表情をした非常に珍しい「片身替わり」の結晶です。
錐面の左半分が軽く溶かされた感じで、エッチングされたような質感の結晶面に多数の小さい錐面の名残りとトライゴーニックが見られます。
錐面の左右をつなぐ中央部は左側と同じような質感で右に向かって斜めの段差を形成しています。
錐面右半分はトップと下部以外は左側より軽微な溶かされ方で、透明度が高く輝きの強い錐面に、表面が溶かされたために出現したと思われる微細なトライゴーニックや多数の成長丘が出現しています。
トップ部分はルーペで見ると、結晶表面が軽く溶かされ、侵蝕を受けたような感じで内側の小さい三角形の錐面やレコード風の成長丘が露出した感じです。
透明感と強い輝きのある結晶であり、かつ、エッチドクォーツの特長も併せ持つ、魅力ある結晶です。
どうぞ、この独特の美しい蝕像錐面をご堪能下さい。

・小さいトライゴーニック
メインフェイスを始めとして、多数の錐面に小さい〜微細な逆三角形のトライゴーニックの窪み▼が多数見られます。
非常に小さいサイズのものは錐面を光に反射させてルーペで見るとはっきりと確認できます。
錐面下及び柱面にカテドラルクォーツの特長が少し見られます。
柱面中程のカテドラル接合線の段差のスロープ状の結晶面上にも微細な逆三角形のトライゴーニックが出ています。

・溶かされて出現したレコード
錐面に非常に小さい三角形のレコードが出ています。これは周りが溶かされたため、比較的結合が強いと思われる成長丘部分が溶け残って出現したレコードと思われます。
また、レコードの左側や下側には非常に小さい逆三角形のトライゴーニックの窪み▼が出ています。
つまり、同じ錐面にレコードとトライゴーニックが見られるものです。

錐面を覗き込むと青く小さいレインボーが現れます。その他にも小さいレインボーが見られます。
底面にわずかに緑色のクローライトが見受けられます。
未研磨の自然鉱物の為、多少ダメージがあります。

語句の説明
・トライゴーニック
トライゴーニックは溶かされた水晶(蝕像水晶)の錐面に稀に出ることがある逆三角形▼の凹みです。
錐面は通常、成長丘と呼ばれる三角形△の形で成長して、この成長丘が沢山連なり、やがて大きな錐面が構成されます。 
溶かされる時は逆に、三角形△の成長丘と成長丘の間の比較的結合が弱いと思われる部分から溶かされる為、このような逆三角形▼の凹みができると思われます。

・レコードキーパー
レコードキーパーは結晶面に少し盛り上がった、上向きの三角形の文様(レコード、成長丘)のある石です。
水晶は二酸化ケイ素で構成されており、これが分子レベルで繋がり結晶して、やがて成長丘と呼ばれる三角形△の形で成長し、この成長丘が沢山連なり、やがて大きな錐面が構成されます。
パワーストーンの世界では、レコードキーパーは古代の記憶が刻まれている潜在意識の叡智を象徴しており、△はその入り口とされ、精神、肉体、霊性の調和をもたらし、そこから自分に必要な高度なメッセージを受け取り、より高い次元へ進む為の瞑想に使用されています。

・カテドラルクォーツ
カテドラル水晶(カテドラルクォーツ)とは複数の水晶が縦方向に折り重なるように結晶を繰り返し(平行連晶)、一体化して成長したものです。 その独特の外観がまるでヨーロッパの大聖堂のように見えることに由来しています。
大小、複数のピークや多数の錐面が見られたり、結晶の柱面に、縦方向に結晶が折り重なって一体化した接合線が見られるなど、複雑な凸凹状のカテドラル水晶特有の形状になります。

パワーストーンとしてのカテドラルクォーツの意味は、複数の結晶が一体化してできた美しい集合体である為、浄化力が非常に強く、多くの人々が集まって何かを達成する時やチームワークが必要な時などに力を発揮するとされています。
また、カテドラルライブラリーと呼ばれることもあり、これは、地球上で起こったすべての情報が記録されている保管庫のようなもので、過去の叡智や、人類が個人個人としてではなく、集合体として共有している知識にアクセスし、必要な情報を提供してくれるという説があります。

片身替わり
片身替わりとは、衣装の右半身と左半身、袖の左右を異なる布地で仕立て、左右で模様や色合いなどが変わっているものです。安土桃山時代に流行し、武士や庶民の衣装のみならず、能装束や陶器、蒔絵などの漆工芸にも応用され、数々の傑作を生み出しています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品

新着商品