ショップリード文

ガネーシュヒマール産ヒマラヤ水晶クラスター 両剣カテドラル、蝕象水晶、トライゴーニック

17,000円(税込18,700円)

購入数


ネパール、ガネーシュ・ヒマール産 約85mm×40mm×52mm 重さ108g (商品税抜1万円以上送料・代引き手数料無料) 

ガネーシュヒマール
神々の山と言われ、地球上で最も強いエネルギーを持つと言われる、聖地ヒマラヤ山脈の中央に位置し、標高7000メートルを越える山々が連なるガネーシュヒマール連峰の水晶です。 数日掛かりで一つ、一つ手掘りで採取され、人が担いで降りてきます。
ガネーシュヒマールの名前はこの地で信仰を集めているガネーシャに由来します。
ヒマールとは高い山を意味します。

ガネーシャはヒンドゥー教の神々の一柱で、破壊と創造の神シヴァ神とその妻パールバティの間の子供とされています。
その名前はサンスクリット語で「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」を意味し、太鼓腹の人間の体に象の頭という姿をした神で、全ての障害を取り去り、富と繁栄をもたらす、除災厄と財運の神として、また、智慧を象徴する学問の神として、ヒンドゥー教のみならず、仏教圏地域の一部でも信仰を集めています。

本品の説明
本品は透明度が非常に高いガネーシュヒマール産クラスターです。
下記の特徴が見られます。
 ・両剣カテドラル
大きい結晶や水平方向の結晶などが両剣(ダブルターミネーター)になっている両剣カテドラル水晶です。
強い輝きのある柱面にはカテドラルクォーツの縦方向の結晶と結晶の接合線が見られ、横方向の条線と美しく調和しています。
非常に存在感のある結晶面です。是非、角度を変えながら、カテドラルクォーツの美しい結晶面をご堪能下さい。
 ・蝕象水晶(エッチドクォーツ)
トップ錐面の一部が溶かされた痕跡が見られる蝕象水晶(エッチドクォーツ)です。
溶けが進んでいる錐面が一つあり、そこには、周りが溶かされることによって出現した三角形のレコードが多数見られます。
 ・トライゴーニック
大きい結晶トップ錐面には軽く溶かされた痕跡が出ている蝕象水晶(エッチドクォーツ)で複数の錐面に微細な逆三角形のトライゴーニックが出ています。透明で微細なサイズなので、錐面を光に反射させて倍率10倍程度のルーペで見ると分かりやすいです。
 ・グランドレコードキーパー
トライゴーニックのすぐ上方に微細な三角形のレコードが複数層重なった小さいサイズのグランドレコードが出ています。
小さく透明で薄いので、こちらも光に反射させてルーペで見ると分かりやすいです。
 ・逆三角形の窪み
また、トライゴーニックが出ている錐面にトライゴーニックとは別にエッジが効いた逆三角形の窪みが見受けられます。
 ・キークリスタル
縦長の錐面に小さいキーホールが出ているキークリスタルです。小さいサイズですが、深く鋭いキーホールです。
 ・セルフヒールド
底面他に再結晶したセルフヒールドが見られ、セルフヒールド部分には煌めきがあります。
微細なレインボーが見受けられます。
また、ガネーシュヒマール産の特徴の一つである銀白色のマイカ(雲母)、照りのある白色のフェルスパー(長石)の柱状結晶を伴っています。
未研磨結晶の為、多少ダメージがある部分があります。

カテドラルクォーツ
カテドラル水晶(カテドラルクォーツ)とは複数の水晶が縦方向に折り重なるように結晶を繰り返し(平行連晶)、一体化して成長したものです。 その独特の外観がまるでヨーロッパの大聖堂のように見えることに由来しています。
大小、複数のピークや多数の錐面が見られたり、結晶の柱面に、縦方向に結晶が折り重なって一体化した接合線が見られるなど、複雑な凸凹状のカテドラル水晶特有の形状になります。
パワーストーンとしてのカテドラルクォーツの意味は、複数の結晶が一体化してできた美しい集合体である為、浄化力が非常に強く、多くの人々が集まって何かを達成する時やチームワークが必要な時などに力を発揮するとされています。
また、カテドラルライブラリーと呼ばれることもあり、これは、地球上で起こったすべての情報が記録されている保管庫のようなもので、過去の叡智や、人類が個人個人としてではなく、集合体として共有している知識にアクセスし、必要な情報を提供してくれるという説があります。

ダブルターミネーター(両剣水晶)
ダブルターミネーター(両剣水晶)は、結晶の両端に明確なポイントを持つ水晶のことで、比較的やわらかい地盤の中でほとんど制約を受けずに2方向に成長したものです。
水晶は本来、なんの制約も受けない環境では両方向に成長するので、ある意味、水晶の理想形といわれる形です。
パワーストーンやヒーリングの世界では、両端から同時に2方向にエネルギーの放射や吸収を行い、精神と肉体を調和させ、ネガティブなエネルギーを吸収し、ポジティブなエネルギーを放射すると言われています。

トライゴーニック
トライゴーニックは溶かされた水晶(蝕像水晶)の錐面に稀に出ることがある逆三角形▼の凹みです。
錐面は通常、成長丘と呼ばれる三角形△の形で成長して、この成長丘が沢山連なり、やがて大きな錐面が構成されます。 
溶かされる時は逆に、三角形△の成長丘と成長丘の間の比較的結合が弱いと思われる部分から溶かされる為、このような逆三角形▼の凹みができると思われます。

レコードキーパー
レコードキーパーは結晶面に少し盛り上がった、上向きの三角形の文様(レコード、成長丘)のある石です。
水晶は二酸化ケイ素で構成されており、これが分子レベルで繋がり結晶して、やがて成長丘と呼ばれる三角形△の形で成長し、この成長丘が沢山連なり、やがて大きな錐面が構成されます。
パワーストーンの世界では、レコードキーパーは古代の記憶が刻まれている潜在意識の叡智を象徴しており、△はその入り口とされ、精神、肉体、霊性の調和をもたらし、そこから自分に必要な高度なメッセージを受け取り、より高い次元へ進む為の瞑想に使用されています。
グランドレコードとは、レコードが複数層重なって拡大していく様子が見られる特別なレコードで、グランドレコードを持つ石はグランドレコードキーパーと呼ばれます。

錐面の逆三角形の▼窪み
錐面にエッジがきいてくっきりとした逆三角形の深い▼窪みが見られることがあります。 
これはアイスクリスタルなどの蝕像水晶に見られる溶かされたトライゴーニックでは無く、カテドラルクォーツに稀に見られる特徴の一つで、水晶の成長過程で小さい三角形の錐面が多数並んで結晶した時に錐面と錐面の間に隙間が生じたものです。
その後大きな錐面として一体化しますが、この場合は▼隙間を残したまま成長したものです。
これは溶かされたトライゴーニックとは違った原因により生じた逆三角形の凹みです。
 逆三角形▼の窪みはその生じた原因によらず、トライゴーニックであるとする説もあります。
トライゴーニックの提唱者のジェーン・アン・ダウ女史はその生じた原因については言及しておらず、現象としての逆三角形▼の窪みについてのみ語ってあります。
また、ダウ女史の著書にはトライゴーニックの説明で、「エッジが効いた逆三角形の窪み」という表現があり、まさにこれが当てはまるというのがその理由です。

キークリスタル
キーとは、結晶の形をした穴(キーホール)で、六角形や三角形などの結晶の形をした窪みになっているものです。これは他の結晶や貫入水晶の結晶先端が外れた跡などに見られます。
すり鉢状になっているものほど良いと言われています。
キークリスタルはゲートウェイとも呼ばれ、パワーストーンの世界では、このキーは、まさに、別次元への扉を開けることを意味し、潜在意識により普段は隠されている自分自身の未知の部分へアクセスし、その存在を明らかにするための入り口と言われています。

セルフヒールド
地殻変動など何らかの原因で一度壊れた部分が、後から新しい結晶が形成されることによって自己修復されたものです。多数の小さめの錐面やピークが見られます。
ヒーリングやパワーストーンの世界では、癒しと再生のクリスタルとして人気があります。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品

新着商品