ショップリード文

大型ピンクレムリアンシード ソウルメイトツイン、レインボー、スターバースト

150,000円(税込165,000円)

購入数

ブラジル、ミナスジェライス州、セーラ・デ・カブラル産 約196mm×88mm×70mm 重さ1501g (税抜き7000円以上送料無料)

レムリアンシード
ブラジル、ミナスジェライス州、セーラ・デ・カブラル(カブラル山)で産出された水晶で、結晶の側面にレムリアン・リッジと呼ばれるバーコード状の条線(成長線)があるのが特徴です。 普通の水晶とは違い、1本、1本の単結晶で見つかります。結晶の柱面に他の結晶との接触跡が残っているものもあり、元々はクラスター状であったものが、非常に長い歳月を経るなかで、地殻変動、地質、気候等の条件も影響して、母岩部分が崩壊、風化した為と思われます。

パワーストーンやヒーリングの世界では、このセーラ・デ・カブラル産のレムリアン水晶は古代レムリア人が転生した姿と言われ、そのレムリアン・リッジを介して古代レムリア人の叡智に触れることが出来る水晶として大変人気があります。
レムリア人をルーツ、起源とするという意味でレムリアンシードと呼ばれています。

本品の説明
本品はカブラル産ピンクレムリアンシードです。
カブラル産のレムリアンシードはほとんど採掘できない状態が続いていましたが、本品はレムリアンシードが最初に発見された鉱山(現在、採掘は行われていません)に隣接する地域で新たに発見されたカブラル産レムリアンシードです。
本品は薄っすらとピンク色味を帯びた大型ソウルメイトツインのピンクレムリアンシードです。ピンク色味は主にツインの小さい方の結晶に出ています。
表面に照りがある結晶で、下記の特長が見られます。

 ・レムリアンリッジ
美しいバーコード状のレムリアンリッジとレムリアンリッジの斜めの大きな段差が出ています。
レムリアンリッジの出方の違いにより、ややすりガラス状に見える柱面と透明感と照りのある柱面の両方が見られます。
また、大きい方の結晶の小さい2つの錐面にバーコード状のレムリアンリッジが出ています。

 ・ソウルメイトツイン
2本の結晶が寄り添うように一体化した大型のソウルメイトツインです。
同じような長さの大きい結晶と小さい結晶からなるツインで、小さい方の結晶は透明度が高く照りがあり、薄っすらとピンク色味を帯びています。女性をイメージさせる美しい結晶です。
また、先述の斜めの大きい段差がでており、右側に隣接して大きめのタイムリンクフューチャー面を形成しようとしていた名残りと思われる結晶面が見られます。
大きい方の結晶はどっしりとした迫力があり、力強い男性をイメージさせます。
柱面に白濁した部分がありますが、錐面他結晶上部には高い透明感があります。

 ・レインボー
大きい結晶の柱面上部や別の柱面中ほどや下部など数ヶ所に美しいレインボーが浮かび上がります。また、小さい方の結晶にも柱面中ほどにレインボーが見られます。角度を変えながらご覧下さい。

 ・マニフェステーション
小さい方の結晶の胸のあたりにマニフェステーションが見受けられます。レインボーのすぐ上側なので分かりやすいです。
大きい方の結晶の錐面にも細長い両剣水晶型のマニフェステーション結晶が見受けられます。
 ・スターバースト
大きい結晶の幅の狭い柱面下部に少しギザギザ感のあるスターバーストが出ています。
おそらくマイカ(雲母)などの鉱物が剥離した痕跡と思われます。すぐ上に同心円状の美しいレインボーが出ています。

 ・スターブラリー風の模様
大きい結晶の幅の広い柱面に流星群をイメージさせるスターブラリー風の模様が出ています。
柱面下部にはバーコード状のレムリアンリッジがでており、上に行くにしたがって流星群風模様がだんだん強くなっています。キーホールの上側になります。

 ・キークリスタル
スターブラリー風の模様の下側に2つのキーホールが出ているキークリスタルです。両方ともかなり深みがあります。
先述のスターバーストの可能性もありますが、ギザギザ感のない六角形に近い深い窪みであるため、キーホールと判断しています。
大きい錐面など複数の錐面の表面を研磨してあります。錐面の形に変化はありません。
自然鉱物の為、細かいダメージがあります。

鉱物・パワーストーン用語の説明
レムリアンリッジの段差
柱面に斜めの階段状の段差が見られますが、これはかつて錐面として成長していた部分の名残りです。
レムリアンリッジ(条線)は水晶の柱面と錐面が長い年月に渡り交互に成長を繰り返してきた結果生まれる現象です。
結晶の縦方向の成長スピードが速すぎて柱面の成長が追い付かず、柱面と錐面が交互に成長を繰り返してきたもので、柱面と錐面の角度の違いで光が反射して確認しやすくなります。
この結晶に見られる段差はレムリアンリッジが生まれた原因を物語る道標のようなものとお考え下さい。

ソウルメイトツイン
ほぼ同じような長さで平行してぴったりと寄り添って立っているツインの結晶を特別にソウルメイトツインと呼んでいます。
ソウルメイトとは、「魂の仲間」という意味で、前世での知り合い、運命で結ばれた仲間、転生輪廻の中で何度も身近な存在として出会っている人など互いに深い精神的な繋がりを感じる大切なパートナーのことで、恋人・夫婦・親子・友人・師弟であったりします。
ソウルメイトツインはそうした魂の繋がりを持つ相手との出会いを促し、結びつきを深めてくれるパワーストーンとして有名です。

マニフェステーション
マニフェステーションとは、水晶の結晶の中に別の水晶の結晶全体が入っているもので、マニフェスト水晶とも呼ばれています。  大きな結晶に小さな結晶が突き刺さっているように見えますが、実際は、先にあった小さな水晶を、後から別の水晶が成長する過程で取り込んだ(完全に内包した)ものです。
結晶の形はハーキマー水晶をそのまま小さくしたような、柱面の短い両剣水晶の形が多いようです。
また、光を当てると、キラリと反射したり、薄いレインボーが見えたりすることがあります。
パワーストーンの世界では、マニフェスト水晶は創造性や独創性を刺激して、そのヴィジョン化の手助けをする石と言われています。

スターバースト
スターバーストとは有名なクリスタルヒーラーのメロディ女史により命名された特別な水晶です。
水晶に雲母などの他の鉱物が放射状に結晶し、その後、風化して剥離した跡が放射状の形をした浅い窪みとなっているもので、メロディ女史がブラジル初めてこの水晶を見たときに、超新星(巨大な恒星の大爆発)のようなイメージが浮かんできたことから命名されたもの。

キークリスタル
キーとは、結晶の形をした穴(キーホール)で、六角形や三角形などの結晶の形をした窪みになっているものです。これは他の結晶や貫入水晶の結晶先端が外れた跡などに見られます。
すり鉢状になっているものほど良いと言われています。
キークリスタルはゲートウェイとも呼ばれ、パワーストーンの世界では、このキーは、まさに、別次元への扉を開けることを意味し、潜在意識により普段は隠されている自分自身の未知の部分へアクセスし、その存在を明らかにするための入り口と言われています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品

新着商品