ショップリード文

ザギマウンテンクォーツ エジリン、蝕象、レコードキーパー、スモーキー

10,000円(税込11,000円)

購入数


パキスタン北西部、トライバルエリア(連邦直轄部族地域)、ザギマウンテン産 サイズ 約53mm×36mm×35mm 重さ78g (税抜1万円以上送料・代引き手数料無料) 

ザギマウンテンクォーツ
ザギマウンテンクォーツとは、パキスタン北西部のアフガニスタンとの国境地帯にあるザギマウンテンから産出される、エジリン、アストロフィライト、リーベカイトなどの他ではあまり例を見ないレアな内包物が多く含まれている特殊な水晶です。
内包鉱物の違いにより、個々に色の違いがあり、形は塊状のものやエレスチャル風結晶面の一部のみ見られるものが多いようです。
ザギマウンテンは、パキスタンのどの州にも属さないトライバルエリア(連邦直轄部族地域)と呼ばれる、パキスタン中央政府の支配の及ばない、いわば辺境の地にあり、非常に入手の難しい水晶です。

パワーストーンとしてのザギマウンテンクォーツ
ザギマウンテンクォーツは、ネガティブなエネルギーを取り除き、回復させる強力なヒーリングエネルギーをを有するスピリチュアルな石で、持つ人の勇気と活力を湧き立たせ、未知なる世界への挑戦を促す石として知られています。


本品の説明
本品は黒く長いエジリン針状結晶がザクザクと内包している結晶です。
下記の特徴が見られます。

 ・蝕象とレコードキーパー
メインの大きい錐面は、照りの強い部分と少し溶かされたかまたは侵蝕されたような蝕象水晶の質感の部分の両方が見られます。
左上の照りの強い部分には山型のレコードがいくつか出ており、右側は表面が溶かされ、レコードが溶け残ったか又は侵蝕をまぬがれたような感じに見えます。
光に反射させて間近でよく見ると、レコードの中にさらに小さいレコードがあったり、何層にも重なったグランドレコードも見受けられます。
レコードは透明ですので、錐面を光に反射させると分かりやすいです。

 ・エジリン針状結晶
黒く長いエジリン針状結晶が結晶面を横断している様子が見られるザギマウンテンクォーツです。
エジリンは細いものから束状の太いものまで見られ、先端が錐(きり)状に尖ったものも見られます。
エジリンの非常に強いパワーを感じさせるザギマウンテンクォーツです。

 ・小さいレインボー
2カ所に小さいレインボーが見受けられます。光を当てて角度を変えながらご覧下さい。
最後の写真のレインボー下側にはアストロフィライトと思われる薄いクリーム色の針状鉱物が見受けられます。
未研磨の自然鉱物の為、ダメージがある部分があります。

鉱物・パワーストーン用語の説明
グランドレコードキーパー
レコードキーパーは結晶面に少し盛り上がった、上向きの三角形の文様(レコード、成長丘)のある石です。
水晶は二酸化ケイ素で構成されており、これが分子レベルで繋がり結晶して、やがて成長丘と呼ばれる三角形△の形で成長し、この成長丘が沢山連なり、やがて大きな錐面が構成されます。
グランドレコードはレコードが何層にも重なって大きく拡大している状態のものです。
パワーストーンの世界では、レコードキーパーは古代の記憶が刻まれている潜在意識の叡智を象徴しており、△はその入り口とされ、精神、肉体、霊性の調和をもたらし、そこから自分に必要な高度なメッセージを受け取り、より高い次元へ進む為の瞑想に使用されています。

エジリン
ナトリウムと鉄を主成分とする輝石で、ヨーロッパ、特に北欧に産出する。
黒色から暗緑色の柱状、針状、またはその集合体で見られることが多い。
北欧スカンジナビア神話の海の神Aegir(エギル)に因んで、 Aegirine と名づけられた。
ノルウェーで先端が錐のように鋭く尖った長柱状の結晶が発見された為、それに因んで和名は錐輝石(きりきせき・すいきせき)と名付けられた。
パワーストーンとしてのエジリンは、恐怖心を取り除き、外部からのネガティブな影響を跳ね除けて勇気と活力を湧き立たせる石として知られています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品

新着商品