ショップリード文

カンチェンジュンガ産ヒマラヤ水晶ペンダント ファーデン水晶4 カテドラルツイン

3,600円(税込3,960円)

購入数


ネパール、カンチェンジュンガ産ファーデン水晶 金具含むサイズ 約72、7mm×8,2mm×5,3mm 約4g

カンチェンジュンガ産水晶
カンチェンジュンガ(8586m)はエベレスト、K2に次いで世界第3位の標高を誇る山で、ヒマラヤ山脈の中央部からやや東寄り、ネパール・ヒマラヤ東部(タプレジュン)とシッキム・ヒマラヤ(インド、シッキム州、旧シッキム王国)にまたがり、8500m〜8000m級の西峰、中央峰、南峰などの山々が連なる山群の主峰です。
この水晶はカンチェンジュンガ山群で採取された水晶です。数日掛かりで一つ、一つ手掘りで採取され、人が担いで降りてきます。
我々日本人は「カンチェンジュンガ」と発音しますが、取引先のネパールの方々は皆さん「カンチャンジュンガ」と発音されています。「カンチャンジュンガ」と言うのが現地での正しい呼び方のようです。


本品の説明
本品は大変珍しいカンチェンジュンガ産のファーデン水晶を現地ネパールでペンダントトップにしたものです。
透明度が非常に高く照りのある結晶に白いブラシ状のファーデンラインが内包されています。
内部のファーデンラインと同じ方向に沿ってカテドラルクォーツ風の接合線が走っています。
上下で2本の結晶が一体化したような接合線も見受けられます。上から四分の三の長さは2本の結晶が一体化したツインになっており、上部に小さい結晶を伴っています。
このようなカテドラルツインの構造のためか、よく見ると、ファーデンラインも、下部のファーデンラインが途中から2本になりトップへ向けて並走しているのがわかります。
光りに反射させると複数の結晶が一体化した、非常に美しいカテドラルクォーツの独特の接合線が浮かび上がります。
ファーデンラインを持つ縦長のカテドラルクォーツという感じであり、ファーデンラインを内包した美しい剣のようなイメージの結晶です。
ファーデン水晶は通常、ファーデンラインから両側に結晶錐面が成長する事が多いですが、これは結晶の上下の成長方向(C軸)に沿ってファーデンラインが入っている、珍しいタイプの結晶です。
現地ネパールで穴あけしているためか、紐を通すとメイン写真のように細い柱面が正面に来てしまいます。ご確認下さい。
未研磨結晶のため多少ダメージがある部分があります。

ファーデンクォーツ
ファーデンとはドイツ語で「糸」という意味で、ファーデン水晶は平板状の水晶の中心に白い筋状のものが入っている結晶のことです。この白い筋状のファーデンラインを中心として両側に複数の平板状の両錐水晶(ダブルターミネーター)が連なった平行連晶を形成することが多いようです。
また、白い筋状のファーデンライン部分には微細な水や気体が含まれています。
パワストーンとしてのファーデン水晶は、結晶の中に見える白い筋(ファーデンライン)が水晶同士をつなぎ合わせた糸のように見えることから、人と人との結びつきや絆を象徴し、家族や友人、恋人など重要な人間関係において絆を深めてくれます。また、自己実現のため、自身が理想とする対象や夢を引き寄せる効果があると言われています。

カテドラルクォーツ
カテドラル水晶(カテドラルクォーツ)とは複数の水晶が縦方向に折り重なるように結晶を繰り返し(平行連晶)、一体化して成長したものです。 その独特の外観がまるでヨーロッパの大聖堂のように見えることに由来しています。
大小、複数のピークや多数の錐面が見られたり、結晶の柱面に、縦方向に結晶が折り重なって一体化した接合線が見られるなど、複雑な凸凹状のカテドラル水晶特有の形状になります。

パワーストーンとしてのカテドラルクォーツの意味は、複数の結晶が一体化してできた美しい集合体である為、浄化力が非常に強く、多くの人々が集まって何かを達成する時やチームワークが必要な時などに力を発揮するとされています。
また、カテドラルライブラリーと呼ばれることもあり、これは、地球上で起こったすべての情報が記録されている保管庫のようなもので、過去の叡智や、人類が個人個人としてではなく、集合体として共有している知識にアクセスし、必要な情報を提供してくれるという説があります。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。


おすすめ商品

新着商品