ショップリード文

レムリアンシード レーザーレムリアン、ウィンドウ、逆方向にもレムリアンリッジ

22,000円(税込24,200円)

購入数


ブラジル、ミナスジェライス州、セーラ・デ・カブラル産 サイズ約 145mm×41mm×29mm 重さ180g  (税抜き1万円以上送料・代引き手数料無料)

レムリアンシード・レムリアン水晶
ブラジル、ミナスジェライス州、セーラ・デ・カブラル(カブラル山脈)で産出された水晶で、結晶の側面にレムリアンリッジと呼ばれるバーコード状の条線(成長線)があるのが特徴です。表面はレムリアンリッジの影響ですりガラス状の柱面と透明感のある柱面の両方が見られたりしますが、結晶内部はかなり透明感があります。 
普通の水晶とは違い、1本、1本の単結晶で見つかります。
結晶の柱面に他の結晶との接触跡が残っているものもあり、元々はクラスター状であったものが、非常に長い歳月を経るなかで、地殻変動により、最初に形成された場所から遠く移動してきたと考えられる事や、地質、気候等の条件も影響して、母岩部分が崩壊、風化した為と思われます。

パワーストーンやヒーリングの世界では、このセーラ・デ・カブラル産のレムリアン水晶は古代レムリア人が転生した姿と言われ、そのレムリアン・リッジを介して古代レムリア人の叡智に触れることが出来る水晶として大変人気があります。
レムリア人をルーツ、起源とするという意味でレムリアンシードと呼ばれています。


本品の説明
本品は結晶内部の透明度が高い未研磨のカブラル産レムリアンシードです。
カブラル産のレムリアンシードはほとんど採掘できない状態が続いていましたが、本品はレムリアンシードが最初に発見された鉱山(現在、採掘は行われていません)に隣接する地域で再発見されたカブラル産レムリアンシードです。
下記の特長が見られます。

 ・レーザーレムリアンシード
長く伸びた結晶の先端に行くほど細くなったレーザーレムリアンシードです。
エッジが効いた剣をイメージさせる結晶で、メインフェイス錐面他には輝きがあります。

 ・レムリアンリッジ
柱面にきめの細かいバーコード状のレムリアンリッジと階段状のレムリアンリッジの段差が見られます。
レムリアンリッジが緻密に出て、すりガラス風に見える柱面と、透明感のある柱面の両方があります。

 ・逆方向にもレムリアンリッジ
結晶下部の一番太い部分を境にして、2つの柱面にトップとは逆方向にレムリアンリッジの階段状の段差が出ています。
おそらくセルフヒールドにより、両剣水晶のように根元側にも錐面を形成しようとした名残りと思われます。
最後の2枚の写真をご参照ください。

 ・ウィンドウ
錐面左下側にひし形のウィンドウが見られます。
ウィンドウは透明なので、錐面を光りに反射させると見やすいです。

 ・左水晶
ウィンドウが見られる柱面左上部に大きめの左水晶X面が出ています。目で見て左右が判別できる左水晶です。
他にも、メインフェイス錐面から続く柱面中ほどにも大きめの左水晶X面が出ています。X面横に薄いレインボーが浮かび上がります。光を当て角度を変えながらご覧下さい。
X面は細かい蝕象模様風で、柱面とは質感が違うので、すぐに分かります。

 ・薄い三角形の蝕象群
左水晶X面が出ている柱面上部から中ほどにかけて薄い三角形の蝕象群が出ています。三角形の蝕象群は薄めなので、柱面を光に反射させてみて、やっと気づく程度です。

 ・シンギングクリスタル
キンキンと高い音が出るシンギングクリスタルです。
シンギングクリスタルどうしを軽く打ち合わせるとキンキンと高い音が出ます。
強く打ち合わせると、欠けたりダメージを受ける可能性がありますのでご注意下さい。

未研磨結晶の為、錐面下にダメージがあり、柱面に剥離痕があります。拡大写真をご参照ください。

鉱物・パワーストーン用語の説明
レムリアンリッジ
柱面及び大きい錐面の側面に斜めの階段状のレムリアンリッジの段差が見られますが、これはかつて錐面として成長していた部分の名残りです。
レムリアンリッジ(条線)は水晶の柱面と錐面が長い年月に渡り交互に成長を繰り返してきた結果生まれる現象です。
結晶の縦方向の成長スピードが速すぎて柱面の成長が追い付かず、柱面と錐面が交互に成長を繰り返してきたもので、柱面と錐面の角度の違いで光が反射して確認しやすくなります。
この結晶に見られる段差はレムリアンリッジが生まれた原因を物語るものとお考え下さい。

ウィンドウ
ウィンドウとは錐面に隣接してひし形の結晶面が見られる水晶です。水晶の錐面は6つですが、錐面に隣接している為、第7番目の結晶面と呼ばれることがあります。
パワーストーンの世界では、ウィンドウは自己の内面を映しだす心の窓と言われており、困難に直面した時にウィンドウを覗き込むと、今の自分に必要なメッセージを受け取ることができると言われています。

左水晶
水晶の成分は二酸化珪素ですが、これが分子レベルで螺旋状に結合し結晶を形作る際に右回りと左回りの2つがあり、右回りの結晶構造のものは左水晶、左回りのものは右水晶に区別されます。
通常、外見ではなかなか判断できませんが、稀に、結晶錐面の斜め下側辺りに、X面と呼ばれる小さい面が表れることがあり、この面が錐面の右側に出た結晶は右水晶、左側に出たものは左水晶であることが目で見て判断出来ます。
自然界の右水晶と左水晶の割合はほぼ同等と言われています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品

新着商品