ショップリード文

メタモルフォーシス(メタモルフォーゼス)原石 微細なレインボー 73g

5,000円(税込5,500円)

在庫状況 売切れ

ブラジル、ミナスジェライス州 Teofilo Otoni の北、125km地点で産出 サイズ約50,3mm×41,9mm×31,9mm 約73g メロディ女史提供品 (税抜き5000円以上送料無料)



メタモルフォーゼスとも呼ばれる、透明感のある乳白色(ミルク色)の水晶(石英、クォーツ)です。ブラジル、ミナスジェライス州にある2つの鉱山からのみ、産出されます。 
見た目がミルキークォーツそっくりですが、内部にごく微量のハフニウム、バリウム、銅、ニッケル、ストロンチウム、アルミニウムを含んでいます。また、ルチルやシリマナイトなどの微細結晶を含むという説もあり、カボションカットに研磨することでスターが出ます。産状は結晶ではなく塊状で産出します。

ガンマー線の照射と加熱によりグリーン・ゴールド色に変化するため、有名なクリスタルワーカーのメロディー女史がMetamorphosis(変化、変容)と名づけました。
この標本もメロディ女史からの提供品です。同女史のメタモルフォーシスの販売と管理をしているEarth Love Minerals の証明書のコピー付きです。

本品には微細なレインボーが見受けられます。拡大写真をご参照下さい。

パワーストーンやクリスタルヒーリングの世界では、変革、変容の石として有名で、ネガティブな思考パターンをポジティブなものに変える手助けをする、と言われています。

自然の鉱物の為、天然由来及び採取時の細かいキズ、欠け等は御容赦下さい。
また、パソコン環境の違いにより現物とは多少色合いが異なって見えることがあります。予めご了承下さいませ。

おすすめ商品